六甲さくらみろうけつ染め教室で「地紋起こし」のスカーフ作りませんか?絵が苦手な方でも楽しんでいただけます。

アートスペースさくらみ

078-855-4273

〒657-0028 兵庫県神戸市灘区森後町2丁目3-12 ゴールドウッズ六甲ビル4F
(ビル南側にエレベーターがございますのでそちらをご利用ください)

営業時間 8:00~22:00 定休日 不定休

六甲さくらみろうけつ染め教室で「地紋起こし」のスカーフ作りませんか?絵が苦手な方でも楽しんでいただけます。

さくらみ教室・習い事

2019/01/16 六甲さくらみろうけつ染め教室で「地紋起こし」のスカーフ作りませんか?絵が苦手な方でも楽しんでいただけます。

神戸六甲アートスペースさくらみ代表 松本みのぶです。

 

今日は、「地紋おこし」という、ろうけつ染めの技法について紹介させていただきますね。

「地紋おこし」というとなにやらたいそうに聞こえるかもしれませんが、

もともとの布の地模様の通りに、塗り絵のようにロウを置いて染料でそめていくやり方です。

 

完成したスカーフはこちら。

 

 

すごく複雑に見えますが、

ペイズリー柄のところを残して、ロウを置いているだけなんですよ(^^♪

 

もともとの生地は、ペーズリー柄の地模様の入った白のシルクのスカーフなんです。(60㎝×60㎝ぐらい)

そのスカーフをピンとさせるために、凧のように伸子で張って、

まず斜めに紫色からピンクに変化するように、グラデーションになるように刷毛で染めていきます。

(すみません(^^; 、ここ画像が無くて・・・)

 

乾いたら、ペイズリー柄を残しながら、ひたすらロウを置いていきます(笑)

 

 

全部ロウを置くと、こんな感じになります。

 

ペイズリー柄の通りにロウを置くので、迷わず筆を進めていける感じです。

集中力は要しますが・・・写経とかに近いかも(笑)

結構「無」になれます。

 

 

写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、

次に、残したペイズリー柄の部分に染料をハケで刷り込んでいきます。

 

今度は、先ほど染めたピンクの地色の部分に紫を、紫の地色の部分にピンクを、

 

またグラデーションになるように染めていきます。

こうすることによって、工程は単純ですが、かなり複雑な色目を表現することが出来ますよ(^^♪

 

 

同じような感じで染めていたスカーフがこちらです。

こちらは、部分的に「地紋起こし」をしています。

 

最初に黄色で全体を染め、乾かないうちに花の中心となるところにオレンジ色をハケで乗せます。

 

黄色+オレンジで残したい花の部分にロウを置いて、それ以外の部分をこげ茶で染めると出来上がりです。

 

 

というように、自分で図案を考えなくても、もともとのスカーフの地紋を利用して、楽しむというやり方もありますので、

絵を描くのが苦手~という方も、ぜひ体験してみてください。

 

六甲道で大人の習い事を~さくらみろうけつ染め教室~

 

 

アートスペースさくらみ

電話番号 078-855-4273
住所 〒657-0028 兵庫県神戸市灘区森後町2丁目3-12 ゴールドウッズ六甲ビル4F(ビル南側にエレベーターがございますのでそちらをご利用ください)
営業時間 8:00~22:00
定休日 不定休

TOP