京都市芸大移転予定地 崇仁小学校跡ギャラリーにて日韓現代芸術交流展開催中です!

アートスペースさくらみ

078-855-4273

〒657-0028 兵庫県神戸市灘区森後町2丁目3-12 ゴールドウッズ六甲ビル4F
(ビル南側にエレベーターがございますのでそちらをご利用ください)

営業時間 8:00~22:00 定休日 不定休

京都市芸大移転予定地 崇仁小学校跡ギャラリーにて日韓現代芸術交流展開催中です!

さくらみ代表からのお知らせ

2019/02/19 京都市芸大移転予定地 崇仁小学校跡ギャラリーにて日韓現代芸術交流展開催中です!

神戸六甲アートスペースさくらみ代表 松本みのぶです。

 

只今、京都駅から東に約7、8分の場所にある、元崇仁小学校跡校舎ギャラリー

「日韓現代芸術交流展 Kyoto-Soeoul 6000 seconds Art Messages 2019」 を開催しております。

 

私も参加しております。

 

 

私たち日韓交流展のメンバーは、国と国との関係を超えて、日本と韓国で交互に展覧会を開くという形で1990年より手作りの交流を深めてまいりました。

 

(私は2005年から参加しています。残念ながら韓国に行ったことないんですよね~。

韓国で開催する回はいつも作品だけが渡韓するんで、次回こそは行きたいんですけど(T_T))

 

今回の展示は、2023年に京都市芸大が移転転入する予定地である、崇仁小学校跡校舎を使わせていただいています。

 

搬入の様子です。旧校舎の構造が展示場所としてすごく面白い!

それに、取り遺されたたもの(ウサギ小屋とか古い掃除道具とか掲示物もそのままだったり・・・)がいろいろあってちょっと不思議な雰囲気があります。↓

 

 

 

韓国からも作家さんたちが次々と到着され、搬入作業が着々と進み、展示空間が完成しました。

 

 

 

 

 

私は、窓のところに遺っていたカーテンレールがあったので、そこに展示させていただきました。

後から光が射して、時間帯によって透け方が違っていろんな感じに見えるので、ちょっと面白いかも、と思ったのですがいかがでしょうか。

 

 

今回のテーマは「奏~KANADERU~」。

 

前回2017年、韓国での展示テーマは「向かい合う」だったのですが、

「向かい合っ」た先になにが見え、なにが聞こえてくるのか。

 

”私たちは、今この京都市芸大が移転転入するまでの仮設的展示空間で、

この地がメタモルフォ―ゼするさなかに溢れ出るNOISEに共感を持って耳を傾け、表現者として自分の中に新しくなり始めた音と自分との間から生じる力強い音を「奏で」たいと考えています”(日韓現代芸術交流展フライヤーより 要約)

 

文章にすると堅苦しいですが全然そんな感じじゃないです(^^)/

肩の力を抜いて、ぜひぜひ気軽に楽しんでいただければと思っております。

 

●日時:2月17日(日)~23日(土)12:00~17:00 ※最終日16:00まで

 

韓国作家さんとの搬入日の歓迎会は、京都駅近くのイタリアンでこんな感じでした。

 

 

そして、初日のオープニングパーティの様子です。

 

 

寒い日が続いておりますが、京都駅から徒歩で来られる便利な場所ですので、

ぜひぜひご来場くださいませ。

 

アートスペースさくらみ

電話番号 078-855-4273
住所 〒657-0028 兵庫県神戸市灘区森後町2丁目3-12 ゴールドウッズ六甲ビル4F(ビル南側にエレベーターがございますのでそちらをご利用ください)
営業時間 8:00~22:00
定休日 不定休

TOP